<< 久しぶりの遭遇 | main | 変態 発見! >>
43390円(税別)は払いたくない!
一番の稼ぎ頭、ローター研磨機1号が、・・・むつけました。
削ることに飽きたのか、ハンドルを回しても空回り。

とりあえず、バラシます。


どうやら、このナットの山がなめてしまっているようです。
相手のシャフトのおねじ側も、少し伸びていました。



ところが、この機械、舶来物が故に、部品だけでも非常に高額!
このナットとシャフトで43390円!こんなの買ってたら採算が合いません。
しかも日本にあるんだか無いんだか?

さて、なんとかするしかありません。
扇町のヌマザワ先生とこに持ってったら、このナットは使いモンになんないから、一から造らなきゃないとのこと。
これまた、値段も納期もかかってしまいます・・・。

だ・か・ら、自分で造ります。
新しいナットを取寄せて、ベースのナットに溶接しようという作戦。
M20×P2.5の左ねじ。変なの。

ヌマザワ先生には、シャフト側のねじ山の修正をお願いしに行きました。
おばちゃんが「なんだや、ついでに溶接してもらったらいいっちゃ!」と何度も言ってくれましたが、
俺はこうなったら自分でやりたい性分なので、断固拒否!
ヌマザワ社長は俺の気持ちを察してくれたのか?「いいから、余計なこというな」とぼそり。


数日後。材料が揃ったので、溶接!
シャフトに通した状態でねっぱさないと、またねじ山がバカになってしまいます。
軽く回ることを確認して、TIG直流攻撃!!


ついでに、他のねじ山部分もタップで修正!


無事に完成!


!!
くたくたですが、達成感は120%です。
カテゴリ:- | 01:22 | comments(1) | trackbacks(0)
コメント
相変わらずの職人魂に感服です。
くれぐれもお体ご自愛下さい。
| sasaki | 2013/04/06 12:35 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sanwa-parts.com/trackback/1615157
トラックバック